あなたのすべてにありがとう

まさか自分が・・・信じられない思いで始まった恋。たくさんの笑顔とありがとう。それだけが二人の心に残る恋になります様に。。。

四半世紀以上ぶりの再会

あまり意味のない取り繕い作業を
頑張りつつ、ウキウキ&ドキドキ
しながら過ごした1週間はあっという間。


ついにその日が。


私は仕事を数時間早めに切り上げて
待ち合わせ場所へ。都内までは普通の
電車でも行けるけれどここは時間の有効
活用をと新幹線で向かうことに。


前日のやりとり。


K”時間が決まったら連絡ちょうだいね。
お店の場所、分かりづらいから改札
まで迎えに行くから”


R”お仕事忙しいでしょ?大丈夫だよ、
日本だし子供じゃないから聞けば分か
るよ(笑)”


と返した私に


K”だって少しでも長く会いたいから!
凛ちゃんだもの、迎えにいくに決まっ
てるじゃん”



きゅん…



なんてサラッと言って下さるのかしら。
ずるいわ。大人って。
(私も充分大人ですけど・・・苦笑)




仕事を切り上げ、新幹線に飛び乗る。


”乗った?着くまで寝たら?俺もそろそろ
会社出る準備するね”


どこまでもマメで優しいケイさん。
これは想定外のオドロキ。




ちょっと話が逸れますが私達の連絡頻度
のことを少し↓ ↓ ↓


------------------------------------------------------


二人の時間が始まって2年弱。休みだろうが
平日だろうが毎日連絡がくる。おはようから
おやすみまで。


お互いに返せる時に返すスタンスなので会
話が続くときもあれば時間が経って
からの時もあるし、忙しい時などは朝の
通勤時のやりとり以降深夜までナシという
日もあるけれど、その日の予定は聞いている
し、帰る時には必ず連絡が来ると分かっ
ているのであまり気にならず。


電話も気が付けば一日1回だったのが時間
がある時は2回3回とかかってくる様になっ
た。


当初、こういう関係になったとき、初めて
だった私は、


”不倫 ルール”


こういう質問をグーグル先生に投げかけて…


<休みの日や自宅にいる時には連絡をしないこと>


これは最重要ルールなのだと思っていたのだけど、週末の朝、彼から普通に”おはよう”って連絡がきてびっくり。



R”びっくりした!”
K”なんで?”
R”だってお休みの日は連絡しちゃいけない
と思っていたから”
K”別に気にしなくていいよ。送れる時は
送るし送れない時は送れない。
それにメール来てたらうれしいじゃん”
R”それならよかった。ありがとう”



というわけで私達の連絡に関するルール
は基本的には”ナシ”。
さすがに電話のときは”あと〇分後に電話
出来るけど大丈夫?”と連絡がきます。
私からは殆どかけることはありません。
だってその前に連絡がきちゃうから。
ありがたいことです(笑)


私も彼も行動に関してはかなり自由。
交友関係も広いし趣味のお出かけも出張
も多い。彼の場合は奥様の信用がある
からできることな
のかもしれない
けど。


------------------------------------------------------



K”〇〇改札のところにいるよ”
R”はーい”
K”寝てるかと思って着く前の目覚まし
代わりにLINEした”



なんか可愛い(笑)


新幹線を降りて待ち合わせ場所へ急ぐ。




あ!!!




遠くから彼が見えた。
四半世紀会っていないのに。一瞬で彼だ
と分かった。



ドキドキドキドキ・・・・(>_<)



思わず改札に向かって怪しい小走り。
彼は気づいていない様子。


そのまま彼に近づいて…


”ケイさん!”と声をかけた。


”おぉぉ~!凛ちゃん!!久しぶり!!
変わんないね~!!今日はありがとね”


にっこにこの笑顔の彼を前に一瞬で昔に
戻る二人。弾丸トークが止まらない。
”あ~やっぱり私、この人好きだなぁ~”
きっと私もにっこにこだった…はず(笑)



その後お店で他の3人と合流。みんな全然
変わってない!!それぞれ歳はとっていて
それなりに貫録がついたり髪の毛が薄かっ
たり
多少体型は変わっているけれど、
笑顔も雰囲気も声もノリもまるでタイム
スリップしたかの様に昔のまま。


未成年とアラサーが出会ってから約30年。
アラフォーとアラカンの再会。


嬉しくて懐かしくて楽しくて涙が出そう
だった。


こんな日が来るなんて・・・



神様、SNS様ありがとう!!



楽しい時間はあっという間。私は帰らなくてはいけない時間に。
おじさん3人に改札まで送ってもらい、昔の様に一人ずつハグ!ハグ!


そして最後にケイさんと。。


--誰よりも力強く抱きしめられた気がした。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。