あなたのすべてにありがとう

まさか自分が・・・信じられない思いで始まった恋。たくさんの笑顔とありがとう。それだけが二人の心に残る恋になります様に。。。

WIth him ~ 霜月

あっという間に11月も終わりますね。
書きかけのまま、随分と日が経ってしまい
迷ったけれど、大切な備忘録なのでやはり
アップしておこう♪


--------------------------------------------------


このデートは夏前から決まっていた
イベント鑑賞がメイン。
久しぶりのぶらり2泊のデート。
イベントは初日なので翌日は少し遠方の
素敵な場所へGO!


初日、休みを取る予定だったケイさんですが、
急なお仕事が入ってしまい、午前中は会社に。
待ち合わせまで余裕だからその前にゆっくり
muragon巡りをしよう!なんて思っていたのに、
乗る電車の時間を間違えて大幅に遅れるは、
乗ったら逆方向だわで、
結局予定より早く仕事を切り上げてくれたケイさんと
ほぼ同時に待ち合わせ場所に着くという💧


K「凛ちゃん、今どこ?
お店まで行くよ?〇分に着く!」
→予定より40分も早い!


R「ごめーん。電車逆方面に乗ってしまった。。
から同じぐらいに着くみたい(@_@;)」


からのスタートとなりました💦


楽しみにしていた鑑賞は、思っていた以上の感動で
同じところで二人で涙。


夕方、近くのデパ地下で食糧等を調達してから
ホテルへ。久しぶりの大都会の夜景を見ながら
ゆっくりとした時間。


あ、もちろんジップロックでシャツ確保が
お部屋に入って最優先(笑)


翌日は少しマニアックな美術館の様な
絶景の場所へ。
お天気が素晴らしく、真っ青な空と海との
コントラストが美しすぎる場所。
シャッターを切る手が止まらない。




途中、アメリカから来られた老夫婦と仲良くなり、
こちらは奥様が主導されている様で、後ろを着いて
歩く優しそうなご主人と遠くで目が合うたびに
付き人二人、手をフリフリし合って国際交流。笑


2週間かけて日本を旅行されていたご夫婦。
たまたま私達が半年前に訪れていた場所にも
行かれていて、写真を見せて頂きながら、
”感動したのよ!”の話から、
”ここは行った?”
”知らないわ!!次は行かなくちゃ!スペルは?”
などと話が弾み、帰りは私が持参した豆菓子を
一緒につまみながら途中まで楽しい電車旅を。
ご夫婦にとっても楽しい思い出の一コマに
なっているといいな✨


この日の夜は、思った以上にアップダウンの
激しい散策でくったくた~になったため、
連日のお部屋飲みに変更。


お風呂でお互いの足をモミモミして。
ご飯の時はケイさんのお膝にぽ~ん♪


うん、やっぱりこれが落ち着く❤️(笑)


最近、酔うとよく出るケイさんのセリフ。


K「こんなにチュッってしたくなるの、
凛ちゃんが初めてよー!」
R「うん、私も~」
K「こんな美味しいキスするのは凛ちゃんだけ~」


→美味しくないキスはするんかいっ💢


毎回カッチーンと来てしまう私は心が荒んでる
のでしょうか?笑


・*:..。♡*゜¨゜゜・*:..。♡*゜¨゜゜・*:..。


二人で過ごしてきた時間の中で、
少しずつ変わってきたことがある。


一緒に過ごす時間が長くなってきたこと。
繋がっている時間が長くなってきたこと。


1泊が定番だったのが2泊になり、時に3泊になり。
デート、連絡の頻度や時間も増えた。
ただこれはその時々のお互いの状況で変わること
だろうからおいておくとして。。


私達は私が電車1本でアクセスできる駅を
拠点にデートをすることが多い。
たまに少し外れた駅の時は、その駅で私が
乗る電車が見えなくなるまでホームで見送って
くれていた。


”ありがとね!またね!”とお別れのKissをして。


でもここ1年ぐらい前から、私が最後に乗る電車
のホームまで、どんなに遠回りでも一緒に乗って
きてくれる様になったケイさん。
(単に私が間違いやすいからということも否めない
けれど苦笑)


そして電車を降りた後、必ず電話で話す時間を
取ってくれる様になった。


私の方が早く降りる時は、降りてから車なので
問題ないのだけれど、ケイさんが早く降りる時
は時間を潰さないといけない時もある。


そういう時、以前はLINEで
「降りた!凛ちゃんはまだよね?先にごめんね。
着いたらLINEして。気を付けて帰ってね!」
と送ってくれておしまい。だったのだけど、
いつからか、同じぐらいに駅に着いたデートの日
に電話をする様になってからは、ケイさんが早く
降りる時は少し時間を潰して待っていてくれる様に
なった。


でもそれ、「待ってるね」をケイさんは言わない。


K「あと〇分で降りる!降りた後ちょっと買い物
するね」
とか
K「お手洗い行ってコンビニ寄ってから歩き出すね」
とか


そんな風に言う。


そして私が「降りた!」とLINEを入れると決まって
電話をくれる。


何がきっかけだったかな?と思い返してみても
よく分からないのだけれど、いつだったか私が
”じゃぁね!とすぐに気持ちが切り替えられない
時があるんだー。楽しかった分、寂しくなっちゃう感じ”


そんなことを言った様な言わない様な。


それを意識してかどうかは分からないけれど、
ふと振り返ってみると、
ケイさんの愛情が言葉少なくとも、
二人で過ごした年月とともにちゃんと育っているんだな
と伝わってきて心があったかくなる私です。


ケイさん、ありがとう✨


でもね、本当に大切なことは。
変わっていないことを忘れないこと。


どんなに忙しくても、
私に合わせて会う時間を作ってくれること、
ほぼ毎日、朝晩電話をくれること、
「!」しかつかない真っ黒なLINE。笑


そして。。
変わらないケイさんが私は大好きってこと❤️



本日もお読みいただきありがとうございます✨

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。