あなたのすべてにありがとう

まさか自分が・・・信じられない思いで始まった恋。たくさんの笑顔とありがとう。それだけが二人の心に残る恋になります様に。。。

大先輩からの備忘録 Vol.2

昨日はフツーの1日でした笑


私の仕事が比較的忙しく、ケイさん

から連絡が来ても返信するのが遅くなり

会話にならず💦


でもね、ケイさんがあれしたよー、

趣味のスポーツ行ってきたよー、

とあれこれ写メをしてくれて、お顔

写メもいつもより見られて、仕事の

合間にきゅん(//∇//)💓となれた一日

でした♪


皆さまも小さなHappyが見つかる

週末であります様に💕



*:..。♡*゜¨゜゜・*:..。♡*゜¨゜゜・*:..。♡*゜¨゜


今回は備忘録にする様な教えがあるわけでは
なく、思い出話ですが、よければ笑って読んで
下さい(笑)




R「パパ・・・あのさ・・・」


P「凛ちゃん、タバコ吸うか?」


R「えぇ~💦ここで吸ってもいいの?!」


係「こちらは禁煙でございます。外の階段を
降りたところにスペースがございますが。。」


P「ほなちょっと行ってきますわ」



さて、これはどこでの会話でしょうか????



はいっ、ある教会の扉の前での会話です。


そう、まさに私は今、父とバージンロードを
歩くという直前の。。
最後の父娘の時間。


私が形式的に”ご挨拶”をしようと思ったら。。


これですの(笑)


さすが凛パパ。


ウェディングドレス着て
教会の階段の下でタバコを吸う花嫁と花嫁の父。


笑えないっ…( ̄▽ ̄)


R「パパ。好き勝手にさせてくれてありがとう
ございました。いっぱいいい経験させて貰った事、感謝してる。」


P「まぁそんなことはええやん。
凛が決めた男やからなんも言わないけど。。

で、ほんまにええんか?Mくんで。」


R心の声「えぇ~~(@_@;) 今更かいっ!!」


R「う~ん・・・分からん。でももう決めた
からしゃーない。やるしかない。」


P「そっか。せやな。まぁあんたが選んで決めた
人生や。とりあえず頑張り。」


R心の声「とりあえずって。。苦笑」




・・・・・・・・そして時は経ち。



とりあえず?頑張ってみた私だったが、
やはり”とりあえず”だったから悪かったのか?
10年以上前から頭の中に”離婚”という文字が浮
かび、それに向かって準備をしている状態。



5,6年前かな?
両親に離婚を考えていると言った時に父が
言った言葉。


P「わしは彼の”気の利かない”ところが
あかんと思っててん。人に対してな。
ってことは人に関心がないっちゅうこっちゃ。
そんな人とおってもつまらんやろ?
あの子、何が楽しくて人生生きてるのか全く
わからん。


人って変わらんから。
凛ちゃんの人生はまだ長い。今の時代、絶対
離婚はあかんとかそんなんないし、あんたの
一度きりの人生やねんから好きにしたらええ
ねん。


ただ凛太郎(息子)のことだけはちゃんと
責任もたなあかんで。
うちとことあんたのとこは離れてるから助け
てもやれんし、そこだけはちゃんと考えや。」



やっぱ父やな~って思った。
私は小さい頃からなんでも私が考えて私が進も
うと思った道、やりたいと思ったことに対して
”やめとき”と言われたことはない。あれしなさい、
やこれしなさいと言われたこともない。


”自分の事は自分で考え自分で決めて行動する”
”結果はすべて自己責任。絶対に人のせいに
してはいけない”


父が幼いころからよく私達に言ってきた事。


私はおかげでとっても自己肯定感を強くもち
ながら、自由奔放に育つことが出来たと思うし、
セルフコントロールが出来る様になった思う。


でも同じ両親に育てられたはずの妹には合って
いなかったのか。。”私は親に何もしてもらって
いない”と責め立てることもあるし、はっきり言って
父とは折り合いがあまりよくない。


確かに他の親とはちょっと違うな~と感じる事
もあったけど。でもおかげでなんでも自分一人
でやれる自信が持てたし、実際やってこられたし。


高校を卒業し、大学受験のために帰国した時も
数百万円入った通帳と印鑑と航空券を渡されて
空港で一言。


”がんばりや~”


次に両親に会ったのは6月に卒業してから約1年後。
大学1年の夏だった。。


そしてその時に初めて娘の一人暮らしの部屋へ
訪れた両親は。。


PM「なんかマッチ箱みたいやなぁ。。
可哀想に。」


おいおい( ̄∀ ̄;)


ある意味”信頼”されていたということにしておく
けれど。やっぱり不安だったのよ?私でも。


自分で”大丈夫、大丈夫”と言い聞かせて。。



予備校の寮に入寮

受験準備

受験

入学手続き

アパート探し

契約

入居

バイト探し

バイト

入学


で約1 年…



うん、大丈夫やった~♪(笑)



私は息子を父の方針を大切に育ててきたけれど、
妹は真逆。ガッチガチにレールを敷きつめて、
超英才教育&お嬢教育。


子育てに正解なんてないから分からないけど。
彼女を見ていて心に一抹の不安を感じている
私です。



・・・といつも通りに話が脱線しちゃった💦



え~っと。。


そうそう、離婚の話を切り出した時に母の衝撃的
な一言が。。


M「凛ちゃん、パパね~、結婚式の披露宴のとき
にね、”あの子ら多分離婚するな”って言ってた
んよ~(笑) 多分覚えてないと思うけど。」



えぇ~~~っ!!w(゚o゚*)wワォ!



ほんま、ネタくれる人やなぁ。。笑


親の心、子知らず・・・とはまさにこのこと?



ハイ、自分で決めて自分で進んで、自分で
見切りをつけ、この先も自分で歩みます。


ケイさんとはじまった頃かなぁ。。
母がふと


M「凛ちゃん、好きな人とかいないの?
今はそりゃまだ結婚してるからややこしい
のはあかんけど、ママは凛ちゃんにこの先
いいパートナーが出来たらいいなって
思ってるわよ」


って。


超お嬢で天真爛漫な世間知らずな凛ママ・・・


なのに。


スルドイ( ̄O ̄;)


R「せやね~。まぁそのうちそういう人
が出来たらいいなとは思ってるけどね。」


とそれ以上は言わなかったけれど。


それ以来、帰省する度に若干の緊張感
を感じるわたくしです。



ただの思い出話になっちゃいました💦


でもでも。。


やはり両親のこの変わらぬスタンスは今の
私にはとっても心強いことでもあるのです。


ケイさんとの事も、自分で決めて始めた事。

決して後悔はしない。

しない様に今を精一杯大切に過ごそう。




また自分のことはおいおいに。。。

書く…かな?笑




今日も読んで頂きありがとうございますヽ(^o^)丿

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。