あなたのすべてにありがとう

まさか自分が・・・信じられない思いで始まった恋。たくさんの笑顔とありがとう。それだけが二人の心に残る恋になります様に。。。

With him~ 弥生 ①

なんだか一日一日があっという間💦
もう3月も半ば。何かと忙しい時期ですね。


本日もお読み頂きありがとうございます💕


週末の幸せなデートから一気に現実へ。
また来月に向けてがんばろう♪


デザートは…な~い\( ̄▽ ̄)/


けど、1人まだ2人で泊まった部屋にいる
ケイさん、朝からモーニングコールが出来る
からそれはそれで幸せな朝ということでよし♪


。.。:+♫+ ゜ ゜゜ *+:。.。:+♥+ ゜ ゜*+:。.。.。


さて、忘れてしまう前にデートの備忘録♪


今回のデートは行きたかった舞台のチケット
が取れる日に合わせて。。と3月中旬からは
ケイさんが激務になるため、出来れば上旬
にゆっくりと。。と考えていたので、いつも
より1週間ほど早い周期でのデートでした。
いつもと変わらず?2泊3日のゆっくりデート。


・・・の予定が!!!


ケイさんからデート明けに急な出張が入って
その後に必要な書類作る時間の予定が狂い
そうだから今週はほぼ深夜帰りやな~って。


あらま、大変だ。
デートを1日減らして1泊にする?と提案
しようと思ったけど。。
や~めたっ!→ひどい彼女?


ならば。。。


週末から出張先に行ってまえ~ヽ(^o^)丿


行きたかった場所だし♪


ただ初日の公演はチケットの払い戻しが
出来ないので、それを見て夕方に移動、
夜着だけど、週末に移動しておけば
隙間時間も取れるだろうし、月曜に移動する
予定の時間もお部屋で仕事出来るでしょ?


と我ながらナイスアイディアじゃない?
と自画自賛♪


(ほんとに出来る彼女ならデート予定を
縮めてあげるのが正解だと思うけど💦)


R「ケイさん、週末から〇〇に移動しちゃ
うのはどう?初日は到着夜になるけど、
向こうに移動しておけば、月曜に移動する
予定時間も仕事出来るし睡眠確保できるやん?」
K「マジ?でもそれもありやなぁ。。
でも月曜一日と翌日も半日仕事あるよ?
その間、凛ちゃん一人で大丈夫?」
R「いやいや、私は日曜の夕方には帰るよ。
だからその後も仕事出来るでしょ?
とりあえず決定!ホテル取れたらそうしよ♪」
K「凛ちゃん、ありがとね!」


というわけで、急遽、海沿いのとある場所
でのプチ旅行デートになりました(笑)


まだ雪がありそうだし、どうせなら1日
は温泉でも~って思ったけれど、初日は
夜到着するし、今回はケイさんに少しでも
仕事の時間を与えてあげることがメインだ
から我慢し同じホテル。
(私は途中で帰るけど💦)
それにしても急だからいいお部屋が取れず。
ちょっと不満だけど仕方ない。


ケイさんにホテルが取れたことを連絡
したらすぐに新幹線の予約と、向こうで
絶対私を連れて行きたいという美味しい
お店を何件か抑えてくれた。


案外ケイさんもこの弾丸行動に気分ノッてる
な♪v( ̄∇ ̄)ニヤッ


さすが思い立ったら即行動の私達。
こういう時はホントにぴったり息が合う♪



そんなこんなでバタバタしながら迎えた当日。


初日、1日お休みを取ってくれたケイさん
でしたが、どうしても仕上げておかないと
いけない仕事ができたとのことだったので、
私はゆっくり目に出てそれまでケイさんは
待ち合わせ駅近くのカフェでお仕事して頂く
ことに。


お仕事に集中しだしたらお昼まであっという
間だろうな~と思ってあえて詳しく着く時間
は教えずに少し早めのお昼ぐらいにお迎えに
行ってあげよう。(なぜに上から?!笑)


その間、私は早めに出てデパートでお買い物♪
ケイさんともよくデパートに行くけれど、
化粧品や洋服って1人でゆっくり見たい。


ケイさんの仕事が早く落ち着けば向こうから
連絡が来るだろうし、集中している様なら
私が迎えに行けばいい♪


お化粧品やら靴やら春模様のデパートに
やられて軽く散在。荷物を送る手配をして
時間を見るとそろそろいいかな~という
時間。


でも連絡がないのを見るとお仕事終わらない
のかしら💦とちょっと心配だけど、この後の
予定もあるのでケイさんの元へ向かう。


…あ!いた!!気づいてな~い♪


おぉ、超集中モードだ💦


さぁ、どうしましょ?


①いきなり後ろから抱きつく。
②そ~っと行って耳元に息を吹きかける。
③素知らぬ顔をして隣に座る。


気持ちは間違いなく①だけど~。
②は変なトラウマになったらこまるし~


ハイ、③できましょう(笑)


そ~っと近づいて。。


かっこよく(のつもり)並び席の隣へ
座った・・・が。。。


気付かない…!! Σ( ̄ロ ̄lll)


ここにあなたの可愛い(?)恋人がいる
んですよ~??


…仕方ない、反対側に座ってみよう。。


と席を立つ。



K「さっきから何してんの?笑」


( ゜o゜)・・・・・黙


気付いてるや~んヾ(≧∇≦*)〃



やられた~~っ!ムカつくっ!!


R「お仕事中に失礼いたしました~
おほほほ~♪」


K「ごめんね。もうちょっとで終わる。
お昼、何食べたいか考えといて。」
R「ほいほい。気にせんとお好きなだけ
集中しておくんなまし。」
K「そしたら延々終わらんよ?」
R「いいよ。そしたらまた夕方迎えにき
てあげるから♪」
K「笑」


とりあえず公演後の移動に備えて先に
食べ物等をある程度買って荷物と一緒に
ロッカーへ預け、それから公演の場所へ
移動してお昼を食べようということに。


なんせ公演が予定通りに終わらなければ
新幹線に間に合わないかもしれないぐらい
ちょっとタイトなスケジュール(笑)


ケイさんに「新幹線、間に合うかな?」
と聞かれて「多分」と答える私。
それに「ま、なんとかなるやろ」
と答えるさすがのケイさん。


好きやなぁ~💕


いや、このスリルがいいのよ!!
ひゃっほ~っ(≧∇≦*)!!って感じ♪
(間に合ったからこうやって書けるん
ですけどね…💦)


そして待ちに待った公演!!!!
ケイさんは何度か見たことがある
らしいのだけど、毎回違うからいいよって
付き合ってくれた♪感謝。


席もとてもいい席だったから、もう終始
大興奮(≧◇≦)!!
思い立ったが吉日、来られてよかった~。



・・・さて、余韻に浸る間もなく即移動。


走る様に会場を後にし、電車を乗り継いで
ターミナル駅へ。
間に合った〜(*≧∀≦*)!!
R「さすが私♪(笑)」
K「めっちゃ息切れたまんまやけど?笑」
R「走ったからやん!それにお腹空いて倒れそう💦」


という訳で宴会セット買い込んでいざ新幹線
で北陸へGo!


一気に食べて一気に寝た…らついた笑


明日の予定を話し合いつつ…
今日は長い1日でやっとぎゅーっ❤️


ホッとして…飲みながら寝る→お決まり笑


やっぱりケイさんの匂いは格別♪
たまらんたまらんっ@変態お凛炸裂し…


明日は明日の風が吹く…
時間に縛られることのないきままな2人旅。


とりあえずいっぱいくっついて
バタバタな1日の思い出話をしながら…
幸せな気分で眠りについた夜でした✨✨

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。