あなたのすべてにありがとう

まさか自分が・・・信じられない思いで始まった恋。たくさんの笑顔とありがとう。それだけが二人の心に残る恋になります様に。。。

大先輩?に学ぶ

昨夜の電話でデート予定が急展開しそう

な感じです💦いい展開?!…だから

いいんだけど♪ どうなるかなぁ♪


さて。。

本日もお読み頂きありがとうございます💓




人生の。。そして”婚外恋愛”の大先輩との
話で思ったこと。


大先輩?
その人は誰?



実は・・・私の”父”


なんです💦(≧◇≦)



父と私は仲がいい。。と思う。
とはいってもベタベタする関係ではなくて
昔から対1人の人間として接するスタンスを
変えない父。でもファザコン気味なのは否め
ないかも笑


私が恋愛において相手に求めるものや女性と
しての在り方、仕事に対する姿勢について、父の
影響が大きいことは間違いない。


私は父のことが好き。。というより尊敬してい
るし、、そういうスタンスの父だったからこそ
思春期も関係なく何でも話していた様に思う。



私が高校生の頃(ちょうどケイさんと出会った頃)
母と妹は一時的に留守にしていた時期だった。


ある日、父とゴルフに行った帰りの車で、


P「凛ちゃん、今夜は遊びに行くんか?」
R「まだ約束ないけど。」
P「ほなご飯だけでも一緒に行こ。紹介したい人
がおるねん。」
R「え?誰?お客様?」
P「彼女♪」
R「・・・」
R「え??彼女?ん??」
P「今夜食事でもどうかなって」
R「別にいいけど。」
P「ママには余計な事言ったらあかんで。
凛ちゃん、男っていうものは浮気するもん
やってこと。」
R「よ~分らんけど、予定OK」


思春期の娘に言う?!笑


その時はまだ”不倫””婚外恋愛”なんて言葉は
全く知らなかった💦
いうなら”浮気”ってこういうことなの?
そんな感じ💦


その夜素敵なレストランで彼女さんと3人で
お食事。父より少し若く見えるその女性は
とても素敵な女性だった。


なぜ父が私に会わそうとしたのかは分から
ないけれど、なぜか母への罪悪感とか、
父を軽蔑するとかそういう気持ちにはなら
なかった。
(よく分かっていなかっただけかも💦)



出張で東京に来ていた父とランチを
していた時に父(70代前半)が


P「凛ちゃん。パパさぁ、残りの人生、
好きな様にしてもいいかな?」


って(@_@)おいおい、いきなり何の
話よっ??


R「好きなようにって?ママと離婚とか
そういうこと?」
P「ん~。せやなぁ。もうすぐ社長も退く
し、そろそろ好きにしてもいいかなと。」
R「まぁパパの人生だから好きにするのは
かまわないけど、ママの生活が困らない
様にはしておいてあげて。」
P「ママってパパに感謝の気持ちとかある
なかな?全く伝わってけーへんねんけど。」


あ~。。そっか。なんだかんだ恋をしていても
男性が一番認めてもらいたい、感謝されたい
のは妻なんだな。。


奨学金を貰って大学を出て、とある企業に就職、
その業界ではトップの企業のてっぺんに
たどり着いた父。私は尊敬している。


私が起業する時も、そして今も、何か背中を
押して欲しい時は父に相談してきた。
父としてではなく”人生の先輩”として。


父は上の人の機嫌を取るためにうまく立ち回る
人ではなく、思った事ははっきり言ってしま
う人。出世間違いなしと言われていても上と
喧嘩をして左遷されたり笑


でもちゃんと父を見てくれている人達はいた
んだなって父がトップに就任した時にはとても
嬉しく思った。左遷されていた頃、会社の業
績が悪化した時期にヘッドハンティングの話
が来て、条件も良く私や母は動けばいいのに
と思ったが、父は今の会社の大変な時にそん
なことはできん。とThe昭和の男らしい選択
をして会社に残った。



そんな父は自ら引き際を決め、昨年、第一線
を退いた。今は頼まれていくつかの会社の顧
問をしている模様。


仕事が大好きで、趣味も遊びも好き勝手な人だ
ったけれど、恵まれた生活をしていたし、家族旅
行も頻繁、夫婦でゴルフ、旅行も頻繁に行って
いたし、両親は仲が良いと私も妹も思っていた。
母はずっと専業主婦。友人と趣味に旅行にと
自由に楽しんでいた様に思う。


周りからみれば幸せな家庭、仲良しの夫婦に
見えただろう。


でも。。夫婦の一番大事なところは見て見ぬ
ふりをしていたのか?
ちゃんと会話が出来ていなかったのかな。。


なんとなく…世の男性の心の裏側にある
本音を垣間見た気がした。



父の話は続く。


P「来月デートやねん。」
R「誰と?」
P「〇〇さん。凛ちゃん会ったことある人」


おぉ~~!!( ゚Д゚) 衝撃の事実!!


R「えぇ~~??あの人?まだ続いて
たの?もう30年ぐらい??」
P「まぁ彼女も事業の方が忙しいし、年に
何回か会って近況報告みたいな感じやけどな。
同じ歳やからもう7〇歳か。おばあちゃん笑。
今海外に数ヶ月行ってて来月帰ってくるから
食事行こうって連絡がきてん。
今の彼女は50代のシングルマザーの子やけど。
まてよ、何年や。付き合って8年ぐらいか。
しっかりした子やで。そういやこの子も
元カノに会いたいって言ってるねんなぁ。
予定合うかなぁ。」


わが父ながら。。


お見事ですっ(≧◇≦)


さすがにまだ”男性”として機能するのか
どうかを聞くことはできなかった。
そこ重要だったのに笑



あぁ。。多分父はこの50代の彼女さんと
の将来を考えたのかなぁ。。
元カノ?さんは既婚者だから。


昔は携帯もなかったし、会社のメールぐらい?
FAX??しかも父はその間何度か海外勤務。
それでも繋がっていた30数年。
ある意味その環境が良かったのかもしれない
けれど。



素直にすごいなって思った。


若いころは燃え上がった時期もあっただろう。
でもそれが徐々に形が変わって。。
お互いに歳をとっても軸足は変わることなく。
それでも繋がっている二人。


父に、


R「なんでそんなに長く続いてるの?」って
聞いた時。


P「なんやろな。波長が合うっていうこと
ちゃうかな。あとはお互い縁があれば無理を
せんでも続くもんやろ、縁って。
もう70過ぎてるけどな、素敵な人やで。
パパは死ぬまで恋をする!」


深いお言葉です。。いや軽いオトコか?
”実”の父ですが笑



父と元カノさんの関係ってある意味理想の
関係なんだろうなって思った。


お互いに離婚するわけでもないW不倫の関係
において。


若い頃は情熱的に求め合った”恋人”だった
日から30数年。きっと今は”心友”みたいな
関係なんだろうな。


ここに来るまでに苦しいと思った事もあった
かもしれない。
それでも”縁”があったからまだこうして続い
ている。父は彼女さんのお子さんやお孫さん
にも会ったことがあると言っていた。
仕事の事、家庭の事、なんでも話す相手って。
連絡はお互いどちらかというわけでもなく
自然にタイミングが合ってたって感じやなと
は父談。


P「今は携帯があるから便利やけど、いらん
とこで気も使うし、LINEってめんどくさい。
今は彼女の方がセレブやのになんでわしが
ご飯ごちそうしたらなあかんのか分からん!」


とブツブツ言っていた父だったが、
楽しそうに見えた^^


結局その後父から”離婚”というキーワード
は出ておらず、見た目は普通に夫婦のまま
だけれど、いつかもし父が残り少ない父の
人生を選択する日が来たとしても、母の生
活の事だけ心配のない様にしてくれればそ
れでいいから好きにしていいよって心から
思う。


(あ、ちなみに両親は私が近い将来離婚を考
えている事を知っています。ケイさんとの
事は・・・さすがに言えませんが、恋をして
いることは気付いている気がする^^;)



そしてケイさんと私。


一緒になる未来は全く考えていないけれど、
父達の様に穏やかに恋人から心友へと
ずっとずっと繋がっていられるといいな。


年に1度でも2度でも会ってお互いに


”今年も元気でよかった♪”と。


そう笑顔で言い合える様な・・・


そんな未来なら夢をみてもいい…よね?

でもその為には自分自身がしっかりと

地に足をつけていなければ。

私は私の人生を楽しみながら…

そこに元気と幸せを。。

ちょこっとでいいの。


少しだけ愛して…ながーく愛して💓


あなたが父の年齢になるまであと10数年。
きっと素敵なおじいちゃんになってるはず💕
私もあなたに”可愛い”って言われるおばあ
ちゃんになれる様に頑張るね(*^^*)



※大先輩とのエピソード、またふとした
時に書いていけたらいいなと思って
新しい”タグ”を作ってみました♪

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。