あなたのすべてにありがとう

まさか自分が・・・信じられない思いで始まった恋。たくさんの笑顔とありがとう。それだけが二人の心に残る恋になります様に。。。

ちょっぴりSpecialな週末♪

今週は暗黒記事を書き綴り、気持ちも暗黒へ。。


なぁ~んてことは・・・ナイナイ(笑)


いたって平穏でいつもと変わりなく。。

二人のネタも特になく。。

しかし仕事はたまる一方の。。苦笑


1週間でした( ̄∇ ̄)



週末の連絡にも特にルールなどがない私達。
朝は起きた方から”おはよう”LINE。


ケイさんは私とのデート以外の週末はたいてい


午前中:趣味のスポーツ または お家の用事
午後:お仕事のちお昼寝のちお家のこと&
夕食作り


デフォルトはこんな感じ。
一人で”歩く”または””の時は電話をくれるケイさん
ですが、一人でも”お家”または”自転車”の時は
電話はきません(当たり前か💦)


なので通常の週末はLINEで朝、昼、夜たまに合間。
だけのやり取りですが、時々Specialな時があるのですっ!


そう、一人でのお出かけの時♪
ケイさんは交友関係が広く、同窓関係(チクッ笑)

の集まりも多く、1人でのお出かけは多い方。
そういう時は電話の出来るSpecialな週末♪



(あ、でも雨だったりすると「今日は嫁さんに駅まで」
とかお知らせが来ることがありますが。。
いいんです。いいんです。嫁さんより何よりケイさんが
雨に濡れない方がいいんです。だって体調崩したら
大変だもの。ビミョウなお年頃ですからね💦笑
それに帰りは雨でもちゃんと電話くれる💕byお酒の力?)



今週末、ケイさんは昨夜お出かけだったので
Specialな日、いただきました~ヽ(^o^)丿イエイ



趣味メンバーとの飲み会の帰り道の電話♪


今夜も激レア?!😍


なーんて淡い期待は致しませんよ。

学習能力を身につけたアラフォーですもの。


…というより、これから帰るのLINE、

かなり酔ってるみたいでヤバイ💦

案の定、寝過ごして最寄駅通過してるし💦


K「やっと降りた(≧∀≦)飲み過ぎやー。」

R「もぉー!大丈夫?どんだけ飲んだ

の?!」

K「一升は飲んでないと思うけど…

7.8合?わからーん。安い酒やったけど

なかなか美味かったー」

R「…おちかれさまです( ̄∇ ̄)」


かなり酔ってはいるものの、寒くて

意識は少し人間界へ戻ってきてる模様…笑


K「凛ちゃーん、2人で行かなあかんと

こいっぱいよ?あー眠い。ここで

寝れそう」

R「あかん!寝たらニュースになる〜!

そしたら行きたいとこも行けなくなる!」

K「だって眠いもん。あー凛ちゃんと

くっついて寝たいなぁ。くっついたら寝れ

んけど?ガハハハ(≧∀≦)」

R「いや…寝るやろ。無理ーって笑」

K「うん、寝る。凛ちゃんの好きにして♪

あ!そうや!再来月、2回ほど◯◯県に

行かなあかんのよ。確か両方月曜やっ

たから、凛ちゃん大丈夫なら週末から

行こ!凛ちゃん、行きたがってたし、

2人で行ったら絶対楽しい」

R「ほんと?!行く行くー❤️

でも週末からってケイさん大丈夫?」

K「なんとかするから大丈夫♪

でも今記憶飛んでるから日程わからん。

また教えるから待ってて〜」


◯◯県…有名な古都のある県。

ちょうどケイさんと繋がったころ、

ケイさんはそこへ長期出張中で、

何度も遊びにおいでよーと言われていた

場所。付き合ってからも凛ちゃんを

連れて行きたいって言われてた場所。


楽しみ❤️


…だけど…なんせ泥酔廃人中…


どうかケイさんがそんな会話したこと

まで忘れていません様に(笑)

期待せずに待つことにしましょう♪


K「着いたー!遅くまでありがとね。

速攻寝る!凛ちゃんも寝てね。

R「おつかれさま(^-^)電話ありがとう💕

おやちゅみっ!」

K「チューしたい…眠い…おやちゅみ」


ケイさん、Specialな週末をありがとう✨


今日は…きっと半日音信不通のパターン

だろうけど( ̄∇ ̄)


無問題♪


さ、溜まった家事を片付けなきゃー!

皆さま、良い週末を💕

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。