あなたのすべてにありがとう

まさか自分が・・・信じられない思いで始まった恋。たくさんの笑顔とありがとう。それだけが二人の心に残る恋になります様に。。。

With him ~ 師走 雪旅②


前日の夜、オフィスタイムが終わった
後に鑑賞ツアーについての連絡が来た。


「完璧なツアーとはいきませんが、
雪上車&雪景色堪能とおっしゃって
頂いていたので、雪の現象が見られる場所
までは辿り着けないかと思いますが、
それでよければご案内させて頂きます。」


♪♪ヽ(^o^)丿♪♪


全然OK!!
雪上車に乗れる、一面の雪景色が
見られる!


うん、それでOK!!
二人の”あしあと”が残せればそれで
いいんだもーん。


そして朝。
ピックアップ場所へ行くと・・・


「他のお客様はキャンセルのため、
本日はお二人だけとなりました。
ゆっくり楽しんで下さいね!」


えぇ~?!


それはそれは・・・


なんとラッキーな✨


そして車が山奥に進むにつれて
雪が深まってくると同時に
私達のテンションもアゲアゲ
ヾ(>▽<)ゞウキヤキャ


「到着で~す」


車を降りたところは一面の雪景色!
見た感じだと雪はちゃんとある様に
見えるけれど、併設のスキー場は
営業開始出来ておらず。


この雪山が。。
貸切だなんて。


すごいミラクルなんですけどー!!!


「実は先ほど偵察のために上がってる
圧雪車からの連絡で、当初の予定より更に
上まで行けそうです!」


と嬉しいお言葉が。
そして更にミラクルは続き、
出発した後の無線で、


「なんとか頂上付近のアスファルトが
雪で隠れたので、さらに上まで行けます。
ほぼ完璧な標高まで上がれそうです!
そして自然現象の赤ちゃんが見られそう
です!」


やっぱり私達・・・


最強ーーー!!O(≧▽≦)O


二人で顔を見合わせて言わずには
居られなかった今回のミラクル。



標高1600m マイナス5℃の世界。


一面雪と凍りついた森の木々は
本当に神秘的で。
初めて見た雪の結晶に霧氷。


そして私達だけの為に。。


先に出ていた偵察部隊の圧雪車、
運転手さん、同乗のガイドさん、
窓を拭いてくれるスタッフさん。


”お二人が今季初のお客様です!”


と皆さん口々に。


ィェ━ヽ(*´∇`)人(´∇`*)━ィ!!


その度に全員で大盛り上がり♪笑


通常のツアーでは山頂まで止まることは
ないのだけれど、良いポイントを
見つけては一旦停止して
鑑賞&写真タイムを作ってくれた。
雪舞う極寒の中で😂❄️


心から感謝✨


2時間ほど雪と氷の世界を満喫し、
宿泊予定の温泉街まで送って頂いて。。
少し遅いお昼は名物のお蕎麦を。


あったまる~(*´∀`*)


宿のお迎えは時間通りに。
なかなか素敵な対応に期待が募る瞬間。



とてもフォトジェニックな宿。
そして念願の雪見風呂が叶った宿。
お食事もサービスも最高に良かった。


夕食前にはラウンジでピアノ演奏の
クリスマスソングを聴きながら、
ワインとチーズで少し早めの
Merry X'mas気分を味わって✨


久しぶりにまた伺いたいなと
思ったお宿でした。



翌日は温泉街を散策する予定でしたが、
あまりに鄙びた温泉街だったので、
チェックアウト時間が遅かったのも
あり、ゆっくりと宿を楽しんでから
新幹線の駅まで移動。


遅めのお昼に選んだのは・・・
肉食の二人の意見即一致で
名物の”お肉”アゲイン(笑)
その後、特に買い物もなかったため、
時間ぎりぎりまでカフェでお茶♪


二人で写真を見返しながら。。


K「ほーんまに楽しかったね!!!
凛ちゃんツアー、最高やった(笑)
”楽しかった”しか言葉が出んわー!」


うふふ(〃▽〃)



新幹線の中での最後のひとときは。
ずっとぴったり寄り添って。
ずっと手を繋いで。


来年の旅行の目標は〇〇と〇〇やな~
キャンプもあるしな~
次に会う時にちょっと遅れた
クリスマスと忘年会しようね!


と寂しい気持ちを埋めるか様に
二人でこれからの楽しい話でしめくくり。


新幹線を降りる前にちゅっ❤
最後のエスカレーターでも
お別れのホームでも…


KR「ありがとね!またね!」



雪に”あしあと”は残してきたけれど、
写真には”手あと”を✨


2018.冬
初めて二人で雪を見た冬❄❄



本日もお読み頂きありがとうございます✨