あなたのすべてにありがとう

まさか自分が・・・信じられない思いで始まった恋。たくさんの笑顔とありがとう。それだけが二人の心に残る恋になります様に。。。

WIth him ~ 長月 wishes came true③

最終日の夜にケイさんを突如襲った体調不良💦


嘔吐と下痢で一晩中お手洗いと
ベッドと行ったり来たり💦
夜中にポカリを買いに走り、
それを飲んでまたお手洗いへ。。の繰り返し。


気づいた時にはすでに朝。
どうやら少し発熱もしてる。


K「ごめん。もうすこし寝かせてー」


と言ってやっと落ち着いて眠りに。


その日の予定は全てキャンセルをして、
フライトに間に合う夕方までホテルで
休むことに。


これ以上ひどくなりません様に。。
なんとか無事に帰れます様に。。


と祈る様な気持ちで過ごし、

お昼過ぎに目覚めたケイさんは


K「今何時?」


と聞いて時間を告げると驚いてる(笑)


K「ごめ~んね💦」


よし、なんとか動くのは大丈夫そう。
よかった❤


温かい飲み物を飲んで、ゼリー飲料を
飲んで落ち着き・・・


K「凛ちゃん、おいで。」


大人しくしときなさい!という私の言葉は
さえぎられて。。
少し熱っぽいケイさんの体温を感じながら…
過ごした最後のひととき。



空港へ向かうタクシーの中から見える
ケイさんの故郷の街並み。
昨日までの楽しい時間が次から次へと
よみがえってくる。


きっと思っていた以上に気も張っていたよね。
この旅行のためにたくさんの仕事を前倒しして
頑張ってくれたんだよね。


願いを叶えてくれてありがとう✨



+。:.゜.:。+゜+。:.゜.:。+゜+。:.゜.:。+゜+。:.


あっという間に空港へ。


隣に座っているケイさんの携帯の画面が
目に入ってきた。


奥様へ帰宅時間の連絡。。だろう。


その瞬間、とてつもない罪悪感が。


”私、一体何をしているんだろう?”



自分の願っていたことが叶って。
幸せな時間を過ごせて。


でもその裏側には。。



私達の関係は”非日常”の時間。
なのに”日常”に立ち入ってしまった今回の旅。


嬉しかったけど、幸せだったけど、
やはり立ち入るべきではなかったのだと。


賢い人だから、全くの考えなしに
今回の旅を提案してくれた
わけではないと思う。


でも


もしも、もしも誰かに見られたりして
いたら。。


ケイさんは大切なものを失うことに
なっていた可能性もゼロではない。
そしてその時に傷つくのは当のケイさんでは
なく、ケイさんの大切な周りの人達だと
いうこと。


自分の願いが叶う事に浮かれて、
ケイさんからの申し出を何も考えずに
受け入れてしまった自分の軽率さを反省。



忘れない様に。。
願いが叶って幸せな今だからこそ記しておこう。
ここにも。心にも。


+。:.゜.:。+゜+。:.゜.:。+゜+。:.゜.:。+゜+。:.



離陸したことに気づかないまま
気が付いた時には出発地点に到着。


R「ありがとう!またね!」


別れ際、いつも通りの笑顔で言った
つもりの私に何かを感じたのか?
ケイさんはそっと引き寄せてKissを。。
”気をつけてね”。



K「電車、座れた?
楽しかった。ありがとね!
俺のせいで最終日の予定を狂わせてごめんね。
でも懲りずにまたどこか行こうね!」


とLINEが。


R「座れたよ!本当に楽しかった。
ありがとう^^ 最終日、ゆっくり寝られた
から結果オーライ♪
うん、また行こうね❤
早く体調が良くなります様に。。。」



My wishes came true✨


思い出を振り返って感じる、


「感謝・感動・感情」


決して忘れることのない様にしないとね。




”願いは叶う予定”~”叶った”
までお付き合い頂き、ありがとうございました^^


これからも1つずつ願いが叶います様に。
私の願いも。みなさんの願いも✨

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。