あなたのすべてにありがとう

まさか自分が・・・信じられない思いで始まった恋。たくさんの笑顔とありがとう。それだけが二人の心に残る恋になります様に。。。

WIth him ~ 長月 wishes came true②

初日の夜は時間も遅かったので
ホテルに着く前に前から私に
食べさせたいと言っていた地元グルメの
お店に。


思っていたより量が多かったけど
美味しかった~♪
ケイさんは地元に戻った開放感から?
方言炸裂してるのが新鮮で面白い(笑)


ホテルに向かうタクシーの中でちょっぴり
予習したインチキ方言を披露し、爆笑されながら
ホテルへ。軽く乾杯をして翌朝に備えて就寝。


するわけはなく。。


ちゃっかり愛情確認はしつつ。。
途中で(私が)寝落ちしつつ。。→安定💧


幸せな1日目の夜。



翌日は朝からレンタカーで観光!
心配していたお天気も、眩しいぐらいの青空!



おおまかな行きたいところを私がピックアップ
し、あとはケイさんにお任せ。


①ケイさんの思い出(ゆかり)の地めぐり
②有名なお寺
③海が見たい


今回の旅で私が出したリクエストは以上。



愛しいスーパーおじさまは全ての願いを
叶えてくれました✨


ケイさんの母校見学や育った街をドライブして
海の見える有名観光地へ。
お昼は大好きなラーメン♪
さらに思い出めぐりは続き、町を一望出来る
山に行ったり、お仕事関係の場所に行ったり。
写真もいっぱい撮れた。
夜は美味しい海鮮料理のお店に。
ここは前回ケイさんが友人と来て感動した
からと予約をしておいてくれたお店。


K「凛ちゃんとここに一緒におるのが
不思議やな~。ねっ?ほんまありがとうやー。」


R「ほんま不思議~。私の方こそありがとう
だよ。まさか一緒に来られるとは思って
なかったもん。」


K「ね~!でも来られた!!
まだまだ行きたいところいっぱいある
でしょ?忙しい忙しい。」


R「うん♪ 忙しい忙しい(笑)」


R「・・・・」


K「ん?」


R「忙しすぎて・・・酔いつぶれて寝そう(笑)」


K「それいつもや!!ゞ( ̄∇ ̄;)ビシッ」



と相変わらずな二人。
でもそんな時間が楽しすぎる。
〆は有名な夜の街を二人で手を繋いでぷらぷらと。
そしてここでもラーメン再び!
2人で1杯を半分こ💓美味しかったなぁ。。
暗いけど無理矢理写した二人の写真には
いい気分で楽しそうな二人が写ってる。


楽しすぎた2日目の夜✨



3日目は夕方から別行動のため、
それまではゆっくり過ごすことに。


お昼頃から行動開始!
私の行きたかった有名な神社へGO!


そのついでにたまたまケイさんが
お仕事で係わってる人が関係した神社が
近くにあるから行ってみたいんだけど
いいかな~?と。


もちろんいいに決まってるヽ(^o^)丿


美術館の予定を変更してそちらへ。


何も調べずに行ったその神社。
ものすごく若者観光客が溢れていて。。
びっくり💦


なぜ??


着いてから調べてみたら。。


なんと”縁結び”で有名な神社で
恋の神様やらなんちゃらでブームに
なっている神社だった。


偶然とはいえ。。


なんとも言えない幸せな気持ちに❤


R「もう私らの縁は結ばれたけど、
こうして何も知らんとこの場所に来たって
なんだかスペシャル感増すね♪
もっと縁が強くなった気がする!!」


といった私に、満面の笑みで


K「ほんまやね!」


と。神様に見えないところで内緒のKiss。



ケイさんが写した写真の中には、
私が空を見上げている姿、
お守りを選んでいる姿、が。


その後、私が行きたかった大きな神社へ。
お参りをしてお抹茶を頂きながら焼き立ての
お餅を。子供の頃に来た時の話を聞いて、
じゃぁ再現しよう!と鯉に餌やり(笑)


夕方までめいいっぱい散策を楽しみ、
ケイさんは旧友達との集まりへ。
私は友人と合流。


とても素敵なお店を予約していてくれた
友人に感謝❤
きっと地元グルメは食べつくすだろうからと
美味しいイタリアンのコース料理を選んでくれて。
本当に美味しくて素敵なお店だった。


”こっちの人は来てくれた人には払わせないのよ”
とさらっとお会計まで。


次回、出張でこちらに来た時にはお返しさせてね。
と約束をして。
気が付くと5時間近くしゃべりっぱなしの素敵Night✨


楽しかった~ヾ(*´∀`*)ノ


ケイさんも楽しんできたご様子で。。
私がホテルに戻って少ししたら帰るコール。


お土産のおつまみとお酒を手に上機嫌でご帰還。
楽しかった飲み会の話を始めたと思ったら。。


K「あのね、ほんとにほんとにこうして
凛ちゃんが一緒に来てくれて嬉しい!
ありがとね。ほ~んとにありがとね。
こうして会えたのってほんまに運命。運命よね!!」


と饒舌な酔っ払いさん。
(なのになぜそこで”好き”が出てこないのか??笑)


R「うふふ。ほんと、そうやね。でも
”一緒に行く?”って聞いてくれたケイさんの一言が
あったからだよ。運命か。。そうね~縁があった
ってことやんね❤」



二人で飲みながら、いっぱいKissしながら
笑いあいながら。。


そろそろ寝よか~?


とベッドに移動した途端。



K「な、なんかキツイ💦」


の一言から始まった悪夢の最終夜。



えらいこっちゃ~ <(ll゚◇゚ll)>



いよいよ明日は最終日。
どうなるの~???







本日もお読み頂きありがとうございます✨

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。