あなたのすべてにありがとう

まさか自分が・・・信じられない思いで始まった恋。たくさんの笑顔とありがとう。それだけが二人の心に残る恋になります様に。。。

あらしの夜に

・・・という絵本、
昔息子に読んだな~。。


という話ではなくて。。


今回の台風、最強とのこと。
通過地方の皆様、どうかお気をつけて。
大きな被害が出ません様に。。



*:..。♡*゜¨゜゜・*:..。♡*゜¨゜゜・*:..



夜から雨という予報の日のこと。


その日、ケイさんは趣味の練習が
入っていて、行きかえりの交通手段
をどうするか迷っていた。


会社からの帰り道の電話で、


K「雨雲レーダー見て怪しそう
やったら車かな~。歩きかな~。
だったら帰りに話せるからまた
連絡するね」


と言っていたケイさん。
(最近自転車でも自転車を
押しながら電話をくれる様に
なっているけど気づいてない?笑)


家を出る時間になって


K「結局歩いてます。帰りに
雨風ひどくなったら帰りは迎えに
来てもらうことに。そうじゃなければ
〇時頃に電話するね!行ってきます。」


と連絡が来た。


多分車が空いてなかったのかな。


でもその日は台風の前で雨も風も
ひどくなりそうだったし、翌日も
早朝から出張先へ行かなければいけない
ケイさん。私的には電話より身体が楽な
方がいい。


R「了解!でも迎えに来て貰える
なら来てもらった方が身体は楽
やろうから電話よりその方が安心。
無理しないでね。練習頑張って❤」


と送っておいた。



2時間後。


K「今シャワー浴びたところ。
久しぶりやから疲れた~!
で、5分後電話かけるね!」


R「え~??雨大丈夫?
気を付けてね。ありがとう❤」


のLINEは未読のまま電話が鳴った。


R「雨、大丈夫?迎えに来てもらった
方が楽やったのに。」


K「霧雨っぽいから大丈夫!
足はちょっと怠いけど久しぶりに
汗かいてスッキリした~!」


R「ならよかった。電話ありがと♪」


15分の電話タイム。


会話は特に甘い内容でもなく。


K「なんか膝痛いな~肩も痛いな~」
R「歳のせい!笑 コンドロイチン必要ちゃう?」
K「よう言うたな~!否定できんけど笑
明日の新幹線早すぎ~。。眠い~」
R「いいやん、新幹線で寝れるやん♪」


な~んて感じの
いつもと変わらないたわいもない
会話だったけれど。


以前、私が毎日連絡をしてくれる事に
とても感謝してると伝えた時に、


「LINEも電話も一度も義務と思って
したことはないよ。したいからしてる
だけ。だからそんな風に思わんでいい」


と言ってくれたケイさん。


それでも時にはこうして車や
タクシーの方が身体はうんと楽なのに
そうせずに電話をかけてくれるのは
私が喜ぶからしてあげようという
ケイさんの優しさだよね。


甘い会話はなくても
雨の夜に傘を差して電話をかけてくれ
ているケイさんを思い浮かべて
声を聞いていると、心はふんわり
綿あめに包まれている様な甘~い
気持ちになれたあらしの夜でした。


ケイさん、ありがとう❤




本日もお読み頂きありがとうございます✨

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。