あなたのすべてにありがとう

まさか自分が・・・信じられない思いで始まった恋。たくさんの笑顔とありがとう。それだけが二人の心に残る恋になります様に。。。

言葉はなくても

台風が来るから?昨日は偏頭痛に

やられて参りました(≧∇≦)💦💦




☆くんが☆になった日。


緊急事態になったと
電話を受けた私。
すぐに病院に駆けつけて
☆くんの回復を祈りながら
一度帰宅。


その時にケイさんにさらっと
事情をLINEで知らせた。


私の中でケイさんと関係の
ないこと、家族のことなどは
聞かれない限り話さないと
いうマイルールみたいなもの
があったからなんとなく二人の
空気が深刻になるのが嫌で
その後はいつもの感じでLINE。


ケイさんは
「そうなんや。今は祈るしかないね。」


と短い返事をくれた後、私が“普通”に
したいんだなということを察して
くれたのか、いつも通りの感じで
接してくれた。


その日、日付が変わって少し経った
頃に☆くんを看取った私は翌朝
その旨を簡潔に伝え、朝から少し
遠くの火葬場へ一人で行くから
迷わない様に頑張るねと。。


K「おはよう。大変やったね。
ナビに任せてとにかく運転には
気をつけて。」


そして


K「〇時〇分頃から15分ぐらい
電話出来るよ」


そうやってその日は一日中隙を見て
は電話が出来る時間を作ってくれた
ケイさん。敢て☆くんの話はあまり
しなかった私。たわいもない会話に
いつもの様に付き合ってくれた。


前夜、帰りの電話を切る時に
”ありがとう。ケイさんの声を聞いたら
なんだかホッとした”
と言った私の言葉を覚えていてくれたの
かな?


夕方からは地元の仲間との飲み会予定
だったケイさんに、


R「今日はご近所さんばっかりだと
帰りは電話できないね~」


とポロッと言ってしまった私に


K「なんとかなるやろ。お店は隣の駅やから
一駅歩いてもいいしね。電話できるよ」


と。


ベタベタな甘い言葉はないけれど、
大切な事はちゃんと行動で示してくれる。


私はケイさんのこういうところが
好きなんだな。今も昔も。


ケイさんらしい優しさが。



K「昨日あんまり眠れんかった
やろ?今日はゆっくりね。
おやちゅみ!」



私が言わなくてもケイさんは
分かってくれている。


俺が言わなくても凛ちゃんは
分かってくれている。


ケイさんもそう感じてくれている
といいな。




☆くんを見送った日。


ケイさんのさりげない優しさが
心に沁みた日。



ケイさん、ありがとう❤️




本日もお読み頂きありがとうございます✨

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。